くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

APRICOT JAMさんの小さい世界


APRICOT JAM*製作日記*

なにもなにもちひさきものはみなうつくし
清少納言『枕草子』


Apricot Jam, ミニチュア

ミニチュアを作る作家さんは沢山いらっしゃいます。
でも、Apricot Jamさんほど「小さいものを作ることの喜び」が
ダイレクトに伝わってくる方はそういないでしょう。

制作自体はとてつもなく大変だと思うのですが・・・

Apricot Jam, ミニチュア

制作途中の作品の中に1.5ミリの隙間を見つけると、
ついついそこに布団を敷いて寝ているカエルを作り込んでしまう。

Apricot Jam, ミニチュア

10円玉に書かれている「10」と言う数字の大きさ(10円玉そのものの大きさではないですよ)
くらいのそりに乗ったくまのサンタクロースはプレゼントの箱をいくつも抱えています。

Apricot Jam, ミニチュア

そのプレゼントの箱と箱の間に小さな隙間を見つけると「寂しい」と感じてしまい、
そこにウサギのぬいぐるみ( 一体どれだけ小さいのだろう?)を作って入れてしまう。

Apricot Jam, ミニチュア

制作の大変さに、小さい物が好きな気持が常に勝っている感じ。
身長2mmの白クマを作ると、ついその手に何か持たせてしまうのがApricot Jamさんです。

Apricot Jam, ミニチュア

そして最後にはいつも、トレードマークのしっぽをつけて
(テディベアには本来しっぽが無いらしいので、これは作家のサインのような部分)
ひとりニヤニヤしているような気が。

Apricot Jam, ミニチュア

ミニチュアもここまで小さいと、写真からその大きさを推測するのはとても難しいです。
特に小さいものに関しては僕はいつも、ミニチュアをもつApricot Jamさんの指、では無く、
指の指紋の線の幅何本分の高さがあるかでその動物の大きさを把握しています。

Apricot Jam, ミニチュア

星を持ったクマの身長は指紋の線2本と半分くらい \(◎o◎)/ でしょうか。
ちょっとご自分の指の指紋を見てみてください。
写真を見て感じたサイズよりずっと小さいでしょう?

Apricot Jam, ミニチュア

豆腐をさいの目切りにして、そのうちの一つをもう一度さいの目切りにして、さらに・・・
と繰り返してどこまでも行ってしまう。
そんなクラクラするような世界観をユーモアを交えながら作ってしまう、
それがApricot Jamさんではないかと思います。

Apricot Jam, ミニチュア

大体、前述の寝ているカエルは冬眠しているのではなく「布団を敷いて」寝ているんですから。

Apricot Jam, ミニチュア

同じ作品の中で様々な素材を使うのもApricot Jamさんの特徴。
最近作「クマの店 − Teddy Bear Shop」(販売中)では、
テディベアだけで金属製、木製、ビスコース製、粘土製、スエード製と5つの素材で作られています。

Apricot Jam, ミニチュア

そして、身長8mmのものでも手足が動く・・ (@_@;)

Apricot Jam, ミニチュア

作家さんは普通、自分を表現しやすい素材に傾くものですが、
Apricot Jamさんは各種の素材感を巧みに表現に取り入れて、
数ミリのテディベアたちも1匹1匹名前をつけたくなるほどの個性に溢れています。

Apricot Jam, ミニチュア

例えばビスコースは繊維ですから、ビスコース製のテディベアは本当に「縫いぐるみ」です。
身長20mmほどなのに目はガラス製、純銀製のペンダントをかけていて、
肉球(!)はウルトラスエードでできているそうです。

Apricot Jam, ミニチュア

そしてテディベアの多くは古く見せるためのアンティーク加工がしてある・・・
と、どこまでもどこまでも普通ではありません。

くるみの殻を通じて、いろいろな作家さんたちと知り合えるのもくるカラ.ネット運営の愉しさのひとつです。

Apricot Jam, ミニチュア

どこまでもクマ好きのApricot Jamさんでした。

APRICOT JAM*製作日記*

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Apricot Jamさんの作品をお持ちの方へ
ご好評をいただいている、くるカラ.ネットのブックレット第3号は、Apricot Jamさんの作品を特集する予定です。作品を所有する方で、作品写真の撮影を許可していただける方(特に胡桃の殻を使った作品)はくるカラ.ネットまでご連絡を(http://www.kurukara.net/ 「お問い合わせ」、または電話 050-5532-3546 からどうぞ)お願い致します。ご迷惑にならない形で撮影させていただきます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

始めまして。 

始めまして。nomと言います。
マンションのベランダでガーデニングとメダカのビオトープを楽しんでいます:)
1か月前に鉢の土を全部変えてから土が飛びまくりベランダ全体が土まみれの日々に悩んでいました。
そしてとうとう鉢を全部室内に移して1週間…悩みに悩んで乗り気でなかったウッドチップを購入しようと思っていた今日、こちらのブログを見つけさせて頂き、くるカラガーデニングに一目惚れをしてネットで早速くるカラを頼みました!
くるカラ届くの楽しみです♪
ありがとうございます;)
  • posted by nom 
  • URL 
  • 2017.04/13 19:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 始めまして。 

nomさんこんにちは。

今日御注文いただきましたか? 該当しそうな御注文が見当たらなかったのですが、
こちらからの受注確認メールはちゃんとお届け出来ておりますでしょうか。
kurukara.net@gmail.com までメールいただけますと幸いです。
ベランダでしたらこちら http://kurumigarden.blog.fc2.com/blog-entry-14.html もご参考に。
くるカラは風にはめっぽう強いですよ。

> マンションのベランダでガーデニングとメダカのビオトープを楽しんでいます:)
> 1か月前に鉢の土を全部変えてから土が飛びまくりベランダ全体が土まみれの日々に悩んでいました。
> そしてとうとう鉢を全部室内に移して1週間…悩みに悩んで乗り気でなかったウッドチップを購入しようと思っていた今日、こちらのブログを見つけさせて頂き、くるカラガーデニングに一目惚れをしてネットで早速くるカラを頼みました!
> くるカラ届くの楽しみです♪
> ありがとうございます;)
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2017.04/13 20:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事