くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bear's mamma*diary♪


bear’s mamma*diary♪のこの他の記事
bear’s mamma*diary♪ on くるみの庭をつくろう②
bear’s mamma*diary♪ on くるみの庭をつくろう③
 

以前ご紹介したブログ「こはるびより」のakiさんにそそのかされて
くるカラを使い始めたbears-mammaさん、
ありとあらゆるものをアンティーク化する名人です。

「庭編」と「クラフト編」の2回に分けて紹介をと思うのですが、
本当はbears-mammaさんの凄いところは、
その二つの間にほとんど垣根を感じさせないところ。

庭の材料でクラフトを作り、クラフトを庭で使ってしまう。
二つが融合したご自分の世界を見事に作り上げられています。
例えば、

bearsmamma20101217b.jpg

この多肉の寄せ植えが入ったミニランタンは屋外用。そして、

bearsmamma20101123.jpg

このルームペンダントは室内用。

室内でも屋外でもどこでも楽しめるようなもののあり方が
bears-mammaさんの真骨頂です。

こんな風な紹介したい見どころがあまりに沢山、
ブログ全体に詰め込んであるので
ここはやはり心を鬼にして2回に分けます。
すると当然「庭」からでしょうか。

bearsmamma20100414b.jpeg

まずはこのアンティークな風合いの鉢。
実はどこにでもあるツルツルの素焼きの鉢、しかもひびが入ったやつを
補修を兼ねてアンティーク風に仕上げたのだとか。

「キッチリ塗らずに適当♪」がエイジングの極意らしいです。
プラスチック鉢でも同じようにアンティーク風にできるそうで、
しかも「ちょっと古くなってきたころ合いがペンキがのりやすい」とか。

なんか自分の庭が宝の山に思えてきたあなた、すぐに
「bear's mamma*diary♪」の読者になりましょう。

bearsmamma20100514.jpg

空き缶もbears-mammaさんの手にかかるとこうなります。
bears-mammaさんはよくイベントで自作を販売されていて、
この寄せ植えは多肉がおまけで缶の方が売り物なのだそうです。

bearsmamma20101029.jpeg

いっぱい並べるとこうなります。


実はこのブログの第一回で添えてあったくるみの小径、
bears-mammaさんのお庭です。
くるみの木からこぼれ落ちてきたような
こんな撒き方も自然な感じで絵になります。

201102bearsmama.jpeg

bearsmamma20100408b.jpg

はじめの方で「見所が詰め込んである」という表現を使いましたが、
こと「bear's mamma*diary♪」ブログに関しては
的を射た表現であるという自信があります。

時間のある方は2年半分のブログを最初から順に見ていっても
きっと後悔しないくらいクオリティの高い品々が、
モッテケドロボー的にてんこ盛りになっていますので覚悟して下さい。

bearsmamma20100513b.jpg

こちらはバードケージ。
中にはくるカラを使った小鳥のアレンジが入っています。
次回のbear's mamma*diary♪はクラフトに焦点を当てようと思います。

bearsmamma20100426.jpg


bear's mamma*diary♪

by kasuke @ くるカラ.ネット

人気ブログランキングへ << ランキングへの投票もお願いしまーす
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

はじめまして。
wood garden の mananekoさんのところからお邪魔しました。
とても素敵なブログですね。
まるでガーデニング雑誌を読んでいるような感じです。
いや、いつか雑誌になるのかな?
わたしもくるカラにはお世話になってます。
これのお陰で随分雰囲気の出るお庭に
変身できました。
ちょっと色が褪せてきたので、また追加購入
しようかな♪と思ってます。
またお邪魔しますね。
  • posted by yurameg 
  • URL 
  • 2011.02/23 19:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

yuramegさん こんにちは。

> いや、いつか雑誌になるのかな?

なりません、なりません。ひたすら自己満足でやってます。

> ちょっと色が褪せてきたので、また追加購入
> しようかな♪と思ってます。またお邪魔しますね。

自然な色褪せを楽しんでいただいても良いと思いますし、
くるみの木の下に毎年新しいくるみが落ちるみたいに、
少しだけ上から足すとそれはそれで深みが出ます。
こちらを参照下さい。> http://kurukara.net/archives/1295
yuramegさんのHUG HUG GARDENにもお邪魔させていただきますね。

NoTitle 

bear's-mamaさんの作品、私も大ファンです!!
今、ブログにUPされてある、くるカラの多肉寄せ植えめちゃくちゃ素敵~♪
てんで真似できないセンスに、脱帽なんです^^
本当に、BLOGには、素敵や夢がディズニーランドのようにギッシリと詰まっていて、
言葉では言い表せない、素敵な素敵な、憧れの作家さんなので~す♪

いつか本になると嬉しいかも♪
bear'sさん、是非♪^^

  • posted by 美佳月 
  • URL 
  • 2011.02/24 11:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

すごいっっ♪心奪われそう☆ってもう奪われてしまいました(><)きゃ~~~~

まだブログにお邪魔してないのですがこれからすぐに
行ってきます♪♪♪
くるカラさん、本当素敵なブロガーさんの紹介ありがとうございます(T▽T)

  • posted by miya 
  • URL 
  • 2011.02/24 13:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

美佳月さん
言われて直ぐ見に行きましたが、たしかにあの寄せ植えはスゴイ!
写真の撮り方も含めて完全にひとつになっていますね。
でも鬼くるみの殻でしょ。どんだけ小さいんだろうか・・・

Re: NoTitle 

miyaさん
あのブログ見るの最低でも半日かかりますから、
覚悟して行ってきて下さい。

Re: NoTitle 

美佳月さん

> いつか本になると嬉しいかも♪

いいなーと思う作家さん達に写真の保存をどうしてるか聞くと、
ほとんどの方が最初からブログ用の小さいサイズで撮っていたり、
元の大きなサイズの写真を捨ててるんで驚きました。
皆さーん、作品の写真はきちんとした形で保存しておきましょう。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。