くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

姫ナチュラル入荷しました


shopping20110405himekurumi.jpg
 

いろんな方のブログでよくくるカラ.ネットの
製品のネーミングについて話題になっているのを見かけます。

「菓子はいいとして、鬼ってどーよ?」みたいな。

菓子も鬼も姫も、くるカラ.ネットが考えたわけではなく
それぞれの製品の元になっているくるみの種類です。

菓子くるみは別名信州くるみ、テウチくるみなどと呼ばれる
皆さんご存じのいわゆるくるみ。
カリフォルニアくるみやペルシャくるみも厳密には違いますが
見た目はほとんど同じです。

鬼くるみ、だるまくるみ、山くるみ、和くるみは同じ物です。
時々混同されるサワグルミは全く違う植物で、食べられません。

姫くるみは鬼くるみの変種で(牧野富太郎)、
くるみのかたちは違いますが
樹や葉っぱは見分けがつかないそうです。
お多福くるみとも呼ばれます。

かたちからの連想が鬼、姫、達磨(だるま)、お多福ですから、
胡桃がいかに古くから日本で親しまれていたかが
かいま見えますね。


by kasuke @ くるカラ.ネット

人気ブログランキングへ << ランキングへの投票もお願いしまーす
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

ウチではよく胡桃をパンに入れて焼きたてパンを
作っています。かなりの胡桃を毎月消費しています
が、殻なしのものを購入しているので、自分で実際に
胡桃の殻を庭にまくまで、殻の存在を意識した事が
ありませんでした。胡桃の木は一本あります。
何の胡桃だか?
でも日本の胡桃は沢山あるんですね。「PZ」
  • posted by ひこま 
  • URL 
  • 2011.04/05 20:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

ひこまさん

殻無しで売っているのは菓子くるみ、カリフォルニアくるみです。
鬼くるみはもう少し濃厚な味わいで、
ほとんど和菓子用に回されていると思います。

> 胡桃の木は一本あります。何の胡桃だか?

くるみの木は値千金ですよ。実も種も、葉も樹皮も幹も使えて、
使えないのは殻だけだったんですが、くるカラが広まった今、
本当に捨てるところがありません。

NoTitle 

なるほど!
そっか、くるみの種類でしたか(^^ゞ
鬼は、知ってましたが、それ以外は知りませんでした。
「PZ」
  • posted by Katsuya.T 
  • URL 
  • 2011.04/06 12:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
前回のプレゼントでは落選しましたので、再度チャレンジしに来ました。
姫ナチュラル、いい色だなと思えば既に売り切れ・・・
クルミのバスケットは購入直後に値下げ・・・
なんだか踏んだり蹴ったりですが、七転び八起きで申し込んでみようと思います(;^ω^)

それからブログの方に、くるカラさんのリンクを貼らせて頂きました。
たまに「くるカラって何?」って聞かれることがありますので。
くるカラバスケットは北欧モノにも雰囲気があっていい感じです。
またいつか紹介させて頂きますね。

PZ
  • posted by nissy_kazu 
  • URL 
  • 2011.04/07 19:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

to Katsuya.Tさん

> そっか、くるみの種類でしたか(^^ゞ

くるカラ.ネットのHPにはその説明があるのですが、
なにしろ作った本人にも何がどこにあるのか分からない状態のHPですので。

Re: NoTitle 

to nissy_kazuさん

> 前回のプレゼントでは落選し
> 姫ナチュラル、いい色だなと思えば既に売り切れ・・・
> クルミのバスケットは購入直後に値下げ・・・
> なんだか踏んだり蹴ったりですが、七転び八起きで

そうですよ、人生七転八倒ですよ。あれ?

初めまして 

素敵なマルチング材はないかと探していたら、こちらのサイトでくるカラの写真を見て一目ぼれ。
先ほど初めての注文をしました。
到着がとっても楽しみです♪
「PZ」
  • posted by まぁ 
  • URL 
  • 2011.04/12 15:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 初めまして 

to まぁさん

> 素敵なマルチング材はないかと探していたら、
> こちらのサイトでくるカラの写真を見て一目ぼれ。

照れるなぁ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事