くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

My Sweet Home*

 
MySweetHome20110805.jpeg

My Sweet Home*」はまさに本来のブログという感じで、
毎日の生活のなかで作者のみつななさんが見たこと感じたことを日記のように、
とても繊細な写真とともにつづられています。

MySweetHome20110817b.jpeg

MySweetHome20100118.jpeg

みつななさんの写真は見てすぐ分かります。
テクニックとか機材とかそう言うものもこだわっているんでしょう。
でもなにしろそれ以前に、
とにかく好きな物を撮りました、という感覚にあふれているんです。

MySweetHome20101105.jpg

被写体は家族だったり散歩途中の風景だったり、
好きな花屋さんの内装だったり食べ物だったりするわけですが、
どれもみつななさんの目がハートになった状態で撮ったのがばればれ、
と感じるのは僕だけでしょうか。

MySweetHome20100325.jpg

MySweetHome20110420.jpeg

一眼レフで撮った写真ばかりでなく、
朝、車で仕事へ出がけに携帯で撮った 
薔薇 in ペットボトル の写真なんかもあって、
「撮るぞー」より「撮りたい」が先に来ている。

MySweetHome20110518s.jpg

MySweetHome20101105b.jpg

おお、こんなに好きなものに囲まれてほんまに幸せやねー
と思って文章を読んでみると、
仕事で大ボケをかましてへこんでいたりして。

MySweetHome20110825b.jpeg

でもあらためて思うに
毎日の生活って楽しいことばかりでも
悲しいことばかりでもなくいろいろあって

MySweetHome20100925.jpeg

それらがすべて文章と写真で編むようにつづられているので
これこそブログだ、と僕は思ったわけです。

MySweetHome20110825.jpeg

だって実在の他人のそんな時間を
読んだり見たりする機会って、
ブログ以外にありえないじゃあないですか。

MySweetHome20110603.jpg

MySweetHome20110817.jpeg

みつななさんの写真はすぐ分かる、と言っておきながら、
じゃあどんな写真かといえば
言葉にするのはムツカシイ。

MySweetHome20101119.jpeg

そんなわけで写真について、
みつななさん本人に聞いてみました。

MySweetHome20110605.jpg

「一番気をつけているのは、光です
強すぎても、弱すぎても
思うような写真が撮れないので
特に外写真は、日光の加減がすごく難しいです」

MySweetHome20110714.jpeg

目がハートの割にかなり冷静です。

MySweetHome20110702.jpeg

まあ僕個人としてはそんなみつななさんの視線の先に
去年のひなびたくるカラがあったりすると
それだけでうれしかったりするわけです。

MySweetHome20110802.jpeg

My Sweet Home*

by kasuke @ くるカラ.ネット

人気ブログランキングへ << ランキングへの投票もお願いしまーす
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

>おお、こんなに好きなものに囲まれてほんまに幸せやねー
>と思って文章を読んでみると、
>仕事で大ボケをかましてへこんでいたりして。

すごいわ( ̄_ ̄ i)kasukeさん、 
しっかり読んでらっしゃる・・・・☆

みつななさんの写真や文章はほっこり温かいものがあっていいですね^^*

大好きです♪♪

  • posted by miya 
  • URL 
  • 2011.10/04 12:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

to miyaさん

> みつななさんの写真や文章はほっこり温かいものがあっていいですね^^*

ああ、それです。みつななさんのブログを形容するのにいい言葉が見つからなかった・・・
僕のブログに足りないものです。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2011.10/06 22:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事