くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

ノチーノ、ノチーノ、テルツォ!

 
真新しいスパイス
スパイスって一種の食べ物なのに、そうは見えないところが不思議

前回美しいスパイスの画像で終わったノチーノ(青い胡桃のお酒)日記、
今回はその後のスパイス達がどうなったか、からスタートです。
ノチーノから引き上げたスパイス達はこうなってました。

ノチーノに黒く染められたスパイス
火事場ではありません

たった3週間で無惨にも胡桃に染め抜かれました。真っ黒に。
シナモンスティックやレモンゼストなど、ほとんど炭のようです。
いや、炭でもここまで完全に黒くはないでしょう。

戦いを終えたスパイス達の姿はどこか美しくもありますが、
それもそのはず、実は彼らはこの戦いの勝者なのです。

3週間の漬け込み期間を終えたノチーノは彼らの芳香にノックアウトされ、
自らを勝者の姿に似せることで完全に負けを認めました。
ノチーノからは今、4種のスパイスがブレンドされた芳香が漂い、
あの炊きすぎたお米のような臭さは跡形もありません。

これで安心して熟成期間に入れるわけですが、
瓶詰め/熟成の前にもう一段階あります。
濾過(ろか)とシロップを加えることです。

きび砂糖2種類
僕は普段もパン焼きによく使います

これも所変わればで、レシピを見る限り
グラニュー糖、きび砂糖、メイプルシロップなどがよく使われていますが
氷砂糖ーrock sugarーという言葉はどこにも見あたりません。
果実酒なのに。あれも日本だけの習慣かな?

僕はナパの「Nocino della Cristina」のレシピを
分かる限り真似する事にしてますので、きび砂糖派です。
そのままでなく、これを煮詰めてシロップにして使います。

シロップ調理中
灰汁をとりながら煮詰めて、香ばしいカラメル状のシロップにします

きび砂糖をこのまま使うのと、シロップにする事では何が違うのか?
と最初はいぶかりましたが、やってみて納得。
シロップを煮詰める事で香りにスモーキーさが加わり、
これを入れるのときび砂糖をそのまま入れるのでは雲泥の差でしょう。

前回のスパイスの選択時に、コーヒー豆を入れるかどうかで悩みました。
あれはきっとこの燻したような香りをつけるためなんですね。
来年はコーヒー豆も入れてみようと思いました。

ノチーノ濾過作業中
濾過の最中はアルコールが飛ばないよう、密封しながらやります。

ぽとりぽとりと未晒しの紙フィルターからノチーノが落ち、
いつまでかかるかなと一時は心配しましたが
終わってみれば翌日朝までには6リットル濾過できました。

先ほどのシロップと混ぜてさらに一月ほど寝かせ、いよいよ瓶詰めへ。
実は濾過までのプロセスは一月ほど前に終えていたので、
今日瓶詰めまで一気に進む事ができました。

ノチーノ瓶詰め開始

ノチーノのスタートである
6月のベトベト、グチャグチャを覚えている身にとっては、
ガラスビンの透明さや美しい直線を見ると
やっとここまで来た、と言う感慨があります。

ノチーノ瓶詰め順調に進行中

作業そのものが喜びを与えてくれる時、
すべてがちゃっちゃっと進みます。
まあこれまでのプロセスで嫌と思った部分は無いんですが。

瓶詰めされたノチーノ

あっという間に200ml X 30本、詰め終わりました。
でもこのノチーノが美味しく飲めるのは来年のクリスマス頃から。
最低4ヶ月、理想は1年以上寝かしたものがベストだそうです。
その後は寝かせれば寝かせるほど美味しくなるとか。

とは言うものの味見はしましたよ・・・すでにうまし。
まだ材料のそれぞれが別個に感じられましたが、
しっかりと手をつなぎ合っているのがわかりました。
一年後には渾然一体となってくれるのを願います。

実はこのあともうひとつ、
大事な大事な作業が控えているんです。
ノチーノ日記、最終回へ続きます。

濾過終了後の紙フィルター


by kasuke @ くるカラ.ネット

****ノチーノ過去記事一覧****
2011年
① ノチーノ、ノチーノ!
② ノチーノ、ノチーノ セコンド!
③ ノチーノ、ノチーノ テルツォ!
④ ノチーノ、ノチーノ、フィナーレ!
⑤ ノチーノ開封!
2012年
⑥ ノチーノ、ノチーノ 2012
⑦ ノチーノ2012:スパイス投入

人気ブログランキングへ << ランキングへの投票もお願いしまーす


関連記事
スポンサーサイト

Comment

こんにちはー! 

な、なんと美しい!
瓶が四角ってのが、シャープでかっこいい!
どんな味になってるんだろう?
気になるなー。
来年は、なんとかクルミの木を探さなくちゃ!
  • posted by Katsuya.T 
  • URL 
  • 2011.10/24 12:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

わ~♪ちゃくちゃくと進んでいますね♪
私、このシリーズの記事大好きです。
どんだけ酒飲みなんだか^^;ってそうではなく~(アセ)

美味しい時は一年後???あぁ~貴重品ですね(;;)
瓶がまた素敵です☆

下の庭写真もいいです~(><)
あぁ~ゆっくりインターネットしたいです☆

  • posted by miya 
  • URL 
  • 2011.10/24 13:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんにちはー! 

to Katsuya.Tさん

> 瓶が四角ってのが、シャープでかっこいい!

このビン、僕も気に入ってます。スクリュートップでなく、コルク用だったらもっと良かったんですが。

> 来年は、なんとかクルミの木を探さなくちゃ!

近所の河原に行けば必ずありますよ。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2011.10/26 11:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

to miyaさん

> どんだけ酒飲みなんだか^^;ってそうではなく~(アセ)

あんまり飲まない方なんですが、美味しいお酒があると飲んでしまいますね。
今年はブラックベリー酒がうまく仕上がって、よく寝る前におちょこに
一杯だけ飲んでます。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2011.10/26 11:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

日本で作っているなんて! 

イタリアに住んでいた頃、大家さんのお宅で頂いた自家製ノチーノ。そのおいしさに夫とともにビックリしました。大家さんのマンマの自信作だったそうです。

帰国時にはマンマのノチーノを分けてもらいました。
そろそろそれもなくなるので、今年は自分で作りたかったのですが、近所の山持ちのおじさんに聞いたりしても自宅近辺では胡桃の木が見つからず、胡桃を販売している地域の農協に問い合わせても返事が来ずに終わってがっかりしていた所、こちらのブログを発見しました。

鬼胡桃って探せば家の近所にもあるのかしら…。
一度は来年に向けて今から探索しなくちゃ!
ノチーノおいしそうな色ですね。
おいしく出来上がりますように☆
  • posted by Ambrosiana 
  • URL 
  • 2011.10/27 21:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 日本で作っているなんて! 

to Ambrosianaさん

> イタリアに住んでいた頃、大家さんのお宅で頂いた自家製ノチーノ。
> そのおいしさに夫とともにビックリしました。

飲んだ事のある方は皆さん美味しいって言われますよね・・楽しみです。

> 鬼胡桃って探せば家の近所にもあるのかしら…。

Ambrosianaさんは中部地方ですか? 河原へ行けば必ずあります。
葉っぱがきれいに左右対称になった、美しい樹です。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2011.10/27 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事