くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

くるみのインク 2012年のまとめ

  

鳩の備忘録

くるみのインクを世に出して早一年半。
当初は「????」という感じで
傍観するだけだったクラフト作家さんたちも
色々な作品が生み出されて来るのを見て
少しずつ使ってくださるようになって来ました。


小鳥と私と小さな庭

たとえばこのバッグ。
お子さんの沐浴に使ったガーゼが記念にとってあって、
それを「くるみの闇鍋」企画で染めなおして作ってくださいました。


ずっと一緒にここで暮らそう


小鳥と私と小さな庭


眠りの森の庭だより

上の三枚は木に塗って古い雰囲気をだしたもの。
アンティーキングというテクニックで、くるみのインクの
主な使い方の1つです。


眠りの森の庭だより

他にも卵に絵を描いたり


ずっと一緒にここで暮らそう

麻紐バッグを染めたり


bear's mamma*diary♪


ゆっくり歩こう


色んな素材にシミをつけたり古ぼけた雰囲気の色に染めたり

用途は割りと広いのですが、
けっして使いやすい素材ではありません。
でも味があるので何世紀も愛されてきたのです。


鳩の備忘録


漫画家の鳩山郁子さんが、
そんなくるみのインクの特徴をとても良く活かした
絵を描いてくださいました。


鳩の備忘録

最初見た時は絶句しました。
自分で研究して作っているので
くるみのインクの特徴は把握しているつもりですが、
それをこうも完壁に作品に落とし込まれると・・・
やはりプロは違います。

素材を作る側としては、
それが良い作品に結実しているのを見ることほど
うれしいことはありません。
それは庭でもクラフトでも同じ。
くるカラ.ネットは来年も同じように活動を続けます。


鳩の備忘録

関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
昨年末に、ようやく庭が完成しました。
購入したくるカラも、ようやく使えそうです。
とは言っても、春が来てからになりそうですが。
 
皆さんのように、素敵な庭にしたいです。 
 
 
DCでお願いします。
  • posted by 葵 
  • URL 
  • 2013.01/01 12:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

明けましておめでとうございます 

今年もよろしくお願いいたします。

ベランダにビオラの鉢が沢山並ぶ今が、くるカラの出番が一番多い時期です。
株がまだ育っていない時でも、くるカラのマルチングで見た目も良くて、もう手放せません。

鳩山郁子さんの絵、私も見入ってしまいました。
なんて繊細な…。

DCお願いします。(ノチーノ、アイスにかけたい~)
  • posted by kenken 
  • URL 
  • 2013.01/01 18:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

いろんな形で広がっていくくるカラ、そばに置くほどに愛着がわいてきて・・・わがやはマンションですがお隣の小学生が落ちていたクルカラを大事そうに届けてくれたことがありました。きっと植え替えや掃除をしているときに落ちてしまったのでしょうね。
なんだかうれしくなりました。
今年もクルカラを前にあ!っというアイデアがわいてくるのをまつことにします。今年もどうぞよろしくお願いいたします。ブログも楽しみにしていますね。

Re: NoTitle 

to 葵さん

> 昨年末に、ようやく庭が完成しました。
> 購入したくるカラも、ようやく使えそうです。
> とは言っても、春が来てからになりそうですが。

「庭が完成したのにくるカラが届いていない」という
お叱りのほうが多いので稀なケースです。
今年は、超少量生産のくるカラの供給をもう少しどうにかしたい
というのが目標の1つです。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2013.01/03 06:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 明けましておめでとうございます 

to kenkenさん

> ベランダにビオラの鉢が沢山並ぶ今が、くるカラの出番が一番多い時期です。
> 株がまだ育っていない時でも、くるカラのマルチングで見た目も良くて、もう手放せません。

冬のくるカラは植物の寂しさを隠し、越冬している植物を霜などから守る働きをします。
マルチングを考えた人は本当に偉いと思います。

> 鳩山郁子さんの絵、私も見入ってしまいました。
> なんて繊細な…。

これ、無茶苦茶安く販売されていたらしいのですが気がつくのが遅くて
買い逃してしまいました。手にとって見てみたかった。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2013.01/03 06:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

to clammbonさん

> わがやはマンションですがお隣の小学生が落ちていたクルカラを
> 大事そうに届けてくれたことがありました。

以前「くるカラ&こども」という記事を書いたことがありますが、
子供がくるカラを見る目は特別なんですよね。
庭に撒くと一番最初に反応するのが子供ですし・・・何故なのでしょう。
http://kurumigarden.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2013.01/03 06:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
名だたる皆様と一緒に載せていただけるは嬉しいやら恥ずかしいやら・・
ありがとうございます。
昨年頂いたノチーノを解禁して頂きました。
くるみの香りがする不思議なお酒ですね!
お勧めのアイスにかける食べ方は絶品でした~♪(〃▽〃)
今度はくるみのケーキに香り付けで入れてみたいと思います。
改めてありがとうございました♪
今年もよろしくお願いします。
  • posted by かお 
  • URL 
  • 2013.01/21 21:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

to かおさん

> 昨年頂いたノチーノを解禁して頂きました。
> くるみの香りがする不思議なお酒ですね!
> お勧めのアイスにかける食べ方は絶品でした~♪(〃▽〃)
> 今度はくるみのケーキに香り付けで入れてみたいと思います。

先日多くの方にノチーノを振る舞うチャンスが有って、バニラアイスにかけて出したら絶賛でした。
ぼくもこれが一番美味しいと思います。
食後酒として甘いお酒を飲む習慣があまりない日本では、デザート系で使うのが一番ですね。
今年もまた6月が楽しみです。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2013.01/24 19:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事