くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

ちょっとした、くるカラ


こどもとかめら *simple life*

**お知らせ1** 

大変長らくお待たせいたしました。プレゼントの当選者発表です。
6月最初の記事で、などと言っておきながらもう8月になろうとしております。
ほんとうに忙しいのですが、それにしてもの見事なサボリよう。
我ながらあっぱれ・・・のわけはありません。深く反省。

そして今回の「姫ナチュラル入りスペシャルミックスバッグ」当選者は、
「くるみのインク自作キット発売します」にコメント頂いたshimaさんです。
今年はノチーノ作られたんでしょうか。ご連絡お待ちしてまーす。

**お知らせ2** 
8、9月のプレゼントはちょっと毛色を変えて、くるカラ.ネットが選んだ
胡桃を使用したお菓子セットです。くるカラ.ネットでは胡桃の使い途をいつも研究していて、
全国から菓子くるみ・鬼胡桃のお菓子を取り寄せては(仕方なく)食べ続けています。
そんなくるカラ.ネットが選んだ「これ、本当に美味しいんじゃない?」をお届けします。

応募はいつも通り、このブログの記事どれでも構いませんので
コメントを入れて「AS」と最後に入れて下さい。
10月最初の記事掲載まで応募を受け付けます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

くるカラをたっぷり敷いたお庭、
通路に敷き詰めた「くるみの小路」・・・
このブログに来て下さる方はウェブで写真を、
又は実物を一度はご覧になったことがあると思います。

特にくるカラ.ネットを始めた当初は
あまり見慣れない風景に僕もショックを受け、
それだけで感動したわけです。

しかし皆さんのくるカラを使う技術が向上し
ノウハウが蓄積されるに連れ、
ここぞという小さな空間にくるカラをポイント使い、
そこにもまた新たな世界が広がっていることに気づきました。

今日はそんな「ちょっとした」くるカラの特集です。


時々メモ。

鬼ナチュラルを5ヶ月待ってくださったrin5さん、
くるカラは「予想以上にかわいい」とか。
紫陽花の鉢の中ではなく、パラパラと足元に。
なんでもないことのようですが、
ここにくるカラがなかったら、と想像してみて下さい。
すごく効果的に風景を作り出していますよね。


かかあ天下mama**娘たちへのハンドメイド**


枕木やレンガは必ず目地が問題になります。
雑草が生えてくる前に先手必勝、となにか植えてしまうのも手。
「かかあ天下mama」のゆきさんは
そこにセダムとくるカラを使ってくださいました。


かかあ天下mama**娘たちへのハンドメイド**

道路から玄関まで1歩分のスペース(写真がアプローチの全てです)に
ここまで完成した世界を作り出すには
センスや技術もさることながら、家や庭への深い愛情が感じられます。


シェリーの小部屋

「くるカラは濡れた方が素敵です」(同感です)と言われるのは
「シェリーの小部屋」のぷーにゃんさん。
上のゆきさんと同じようなスペースを
くるカラだけで仕上げて下さいました。
今度はぜひ、雨の日の写真を載せてくださいね。


福井の多肉Garden *Grow

福井でセンス良い多肉の鉢植えなどを展開されているマユリーさん、
お仕事でショップ前の花壇にくるカラを使って下さいました。
白砂利とくるカラの組み合わせは珍しいですね。
緑の入れ方も効いています。


地野菜とパスタのお店『サンタ リタ』

サンタ・リタという京都のパスタのお店の植え込みです。
日照が悪い冬の間に芝が枯れてしまい、
寂しくなったところにくるカラを入れて頂きました。
今頃は手前の芝も青々としていることでしょう。


地野菜とパスタのお店『サンタ リタ』

同じお店のテラスにもアクセントのくるカラ。
「全体がくるみの色で引き締まった感じで気に入りました。」
くるカラが統一感も出してますね。


Une vie tranquille ~穏やかな暮らし~

ナチュラルな雰囲気の枕木の間に敷いてあるのは
くるカラではなく、レンガチップです。
でもところどころにあるグリーンの周りには・・・


Une vie tranquille ~穏やかな暮らし~

マルチングを兼ねたくるカラが。
レンガチップは雑草防止にはなりますが、
夏など高温になるので植物と直接触れるマルチングには向きません。
材料の機能も考えられたうまい組み合わせです。


菜の花ダイアリー

薄緑は僕にとって使うのが難しい色でした。
でも「菜の花ダイアリー」のなほさんの写真を見て、
あれ?くるカラと合うではないか、と気付かされました。
でも単調な緑をカバーするように、
くるカラは鬼ナチュラルと鬼ブラックのミックスです。
なるほど、と思わず膝を打ちました。


こどもとかめら *simple life*

「こどもとかめら」のしのぶさんが作られたこの空間、
せいぜい数十平方センチではないでしょうか。
でも庭に出たら真っ先に足が向いてしまいそうな魅力にあふれています。
陰影のバランスが素晴らしい写真で追加点が入っているかも知れませんが
それを差し引いても素敵な空間だと思います。

********************************

くるカラ.ネットでは常にくるカラのお庭、クラフトの写真を探しています。
ブログなどでは「くるカラ」「くるカラ.ネット」の言葉がどこかに入っていれば
こちらで自動的に分かるようになっています。くるカラに言及していない場合けれども
くるカラ使った写真があるよ、という時はぜひメールでご一報頂けると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

待ちに待った更新!
そしてどの写真も愛らしいくるカラ!
どんどん輪が広がってうれしくなってきました。
本当にすごくお忙しいんですね。。。
こちらは夏休みに入ってほとんど雨が降りません・・・
猛暑です。
ヴィオラの種をまく秋が待ち遠しい・・・くるカラとヴィオラの組み合わせが好きです。
いろんな方のお写真もとても勉強になります!
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.08/01 19:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

8月暑かったですね(--;)
そんなくたばりそうな気持ちも吹き飛ばしてくれそうな最後の写真、なんて素敵・・・・。
こちらに来ると色んな発見があって楽しいです。

とは言えkasukeさん、更新少なすぎです☆
もしかして、10月まで次の記事はお預けですか?
超多忙なのですね。お体ご自愛ください
・・・・

もしかしてプレゼントゲットのチャンス?

『AS』☆
  • posted by miya 
  • URL 
  • 2013.09/02 16:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

to miyaさん

> そんなくたばりそうな気持ちも吹き飛ばしてくれそうな最後の写真、なんて素敵・・・・。
> こちらに来ると色んな発見があって楽しいです。

ブログ巡りをしていると、写真のレベルは日に日に上がっていると感じます。
身の回りの物をさり気なく撮れたら楽しいだろうと思いますが、僕は写真のセンスゼロなので・・・

> とは言えkasukeさん、更新少なすぎです☆

くるカラ購入時の備考欄にも、楽しみにしているのでもっと更新を!と書いてくださる方がたくさんいらっしゃいます。本当にごめんなさい。忙しいのと手際が悪いのと両方です。9月も更新はしますよ!

> もしかしてプレゼントゲットのチャンス?

そうかもしれません。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2013.09/08 08:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

to 名無しさん

> ヴィオラの種をまく秋が待ち遠しい・・・くるカラとヴィオラの組み合わせが好きです。

振り返ってみると確かにヴィオラとくるカラの組み合わせで良い写真多いですね。
鬼くるみでも菓子くるみでも合うようです。
少し涼しくなって来ましたね・・・庭に出るのに覚悟が要らない季節の到来です。
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2013.09/08 08:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事