くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツマリョコ!ブログ by えびさん

 
くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

今日はちょっといつもと違ったスタートを・・・夜のくるカラです。
くるカラはあんなに呑気そうな見た目なのに、
夜の間もこうして地道にマルチングとして努力していたんですね・・・
頭が下がります。地面の近くまで。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

と、下げた頭で地面近くから鑑賞。
こういう風景大好きです。森の中の1シーンのような、絵のような・・・
こういうのを見ると庭造りのモチベーションが上がりますね。
・・・しかしいい色です。クリスマスローズでしょうか。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

日中に見ると、こんな素敵なくるみの小径なんです。
このえびさんのお庭はNHKの趣味の園芸でも紹介されたそうですが、
庭造り名人の玉さんが「くるカラは森の雰囲気」と言われた意味がわかるでしょ?


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

今の季節、お庭ははこんな感じ。
色鮮やかなクロッカスにビオラ。
つぶの小さいくるカラは、小さめの花にも効果的な背景となってくれますよ。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

百聞は一見にしかず。
更にぐぐっと近寄る。
ああ、今年のうちの花壇はもうクロッカスできまりかな。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

ちょっと小休止してEBIさんの作品を鑑賞。
ああ、今年のうちの花壇はもうプリムラできまりかな。・・・ん?
ちなみにえびさんは庭も写真もされますが、妹さんと子供服を作られて販売もされています。

「おかあさんがミシンでカタカタと縫ってくれたような、でも目を引く服」
をコンセプトに「ゆるゆると」作られているそうです。
お店はこちら > di vong vong(ディヨンヨン)


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

更に更に、ディヨンヨンには印刷部と名付けられたデザイン部門もあったりして、
こちらで作られているカード類が節操無く可愛いです。
上のリンクから飛べますのでぜひ覗いて見てください。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

そんなえびさんのお庭も最初はこんな風でした。
2011年とありますから、くるカラも年季が入ってる方ですね。
途中で一度、上からぱらぱらっとくるカラを追加してもらっています。

これが一番簡単なくるカラのメインテナンス法です。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

それが今はこんなです・・・まあ、立派になって・・・
えびさんは毎年チューリップを植えられているそうですが、
地面からすぐ細く立ち上がり、あまり地面を隠してくれないチューリップは
マルチングがとても効果を発揮できる花の一つ。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング
知っている人は知っている、雨の日のくるカラの美しさを

最後まで読んでくださった方に少し種明かしを。
すでにお気づきかもしれませんが、くるカラとの相性絶大として知られる
レンガ、枕木、サビ系のものがえびさんのお庭にはありませんね。

「森の雰囲気」づくりにはこのあたりが重要な気がします。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

あと、花壇の縁取りもしません。
マルチングがそのまま、小道のペービングへとゆるゆるとつながります。
厳格な森林ニスト(そんなのいるのか?)は飛び石も使わないという巷の噂です。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

飛び石を敷いても、
カラカラと音を立てながら歩くことの楽しさを知っている人は使いませんしね。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

カラカラと音を立てながら歩くことの楽しさを知っている人その2。

ちなみに猫さん達はくるカラで遊ぶのは好きですが、
くるカラの上を歩くのは嫌いみたいです。
多分バランスがとりづらいのかな。


くるカラ 胡桃の殻 くるみ マルチング

おまけ。土ハンバーグとシロツメクサのくるカラ和え。


ツマリョコ!ブログ by えび

di vong vong(ディヨンヨン)

ディヨンヨン印刷部

※※※ お願い ※※※
最近、Googleのブログ検索が日本のブログをきちんと検索しなくなりました。
ほとんど使い物になりません。以前はあんなに精度が高かったのに・・・
つきましては、ご自分のブログにくるカラの写真を載せられた方は
ぜひぜひ、くるカラ.ネットまでメールでお知らせください。
宛先:kurukara.net@gmail.com

  
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます。 

わー、ドーンとご紹介いただいて恐縮です・・・!!そして観察眼のスルドさにびっくりです。

確かにレンガやサビ系のもの、ありません。小物もほとんどないし、寄せ植えもありません。花壇のフチどりは土留めとして石を埋め込んでますが、隠れるように植栽してます。でもそれに気づいてくださった方、いままでいないかも!すごーーーい!

今やくるカラはうちの庭になくてはならない存在です。うちに来た小さい子はもれなく反応して、ひとつあげると宝物のように持って帰ります。くるカラ、すごいです。そしてそれを世に送り出してくださった、くるカラネットの方々に感謝です。
  • posted by えび 
  • URL 
  • 2015.04/16 16:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ありがとうございます。 

to えびさん

> 今やくるカラはうちの庭になくてはならない存在です。
> うちに来た小さい子はもれなく反応して、ひとつあげると宝物のように持って帰ります。

子供はすぐ反応しますよね・・・自宅の花壇が幼稚園の散歩コースに面している人が、
「くるカラが毎日目減りしていく」と言われてました。何故なんでしょうか。
以前、「くるカラとこども」という記事も書きました。お時間あればどうぞ。 
こちらです > http://kurumigarden.blog.fc2.com/blog-entry-33.html 
  • posted by kasuke 
  • URL 
  • 2015.04/18 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。