くるみの庭をつくろう

人生に本当に必要なのはくるみの殻のみです。くるカラ.ネットへもどうぞ。

Entries

くるカラきのこピック by ぴか


くるカラ くるカラきのこピック
ブログ: 心地いい暮らし

最近、ガーデンピックが人気のようです。
昨年販売したぷちっと巣箱のガーデンピックも、
ぶら下げるタイプの元祖・ぷちっと巣箱を差し置いて
あっという間に1番先に売り切れてしまいました。

くるカラ ぷちっと巣箱ピック
ピックタイプのぷちっと巣箱

くるカラを使ったガーデンピックといえば、最近では
アトリエ華もみじさんとか、
~*vanilla-days*~のばにらさんなども
それぞれ個性的なピックを作ってくださいました。

くるカラ くるカラきのこピック

鉢植えでも花壇でも、室内でも使えるガーデンピックには
とても可能性を感じていて、
もっと色々なデザインの物が増えると面白いのに、と思ってました。
そんな時です。「こんなものができました」と
きのこのガーデンピックのサンプルが送られて来たのは。

くるカラ くるカラきのこピック

作者のぴかさんは元々はワイヤーを使って作品を作る作家さんで、
くるカラ.ネットとは実は長い付き合い。
くるカラ.ネット開店直後のころから、
くるカラを使ったベランダの写真や、
ワイヤーを使った作品の写真を見せて下さってました。

くるカラ 有刺鉄線ブレスレット
有刺鉄線ブレスレット (紙ひもです(^_^;))

ぴかさんのベランダもワイヤー作品も、
ブックレットvol.2に写真が載っています。
「おいたり、いれたり、かざったり」の
ページですので、探してみて下さい。

くるカラ くるカラきのこピック
まる。 (そりゃそうだ)

でも今回はワイヤーは脇役で、少しだけ。
しかも殆ど見えない所に使われています。
代わりに石粉粘土を主な材料に、
なんとも可愛いきのこ達に仕上がっています。

くるカラ くるカラきのこピック制作風景

きのこの種類は5種類。
色とりどりのテングダケ(毒キノコ)4パターンと、
食べるとおいしいアミガサタケ。
個人的にはアミガサタケの造形が大好きです。


今回まとまった数ができたとのことで
くるカラ.ネットで販売させていただくことになりました。
それぞれのきのこの名前は、


くるカラ くるカラきのこピック
天狗茸(テングダケ)

くるカラ くるカラきのこピック
紅天狗茸(ベニテングダケ)

くるカラ くるカラきのこピック
黄金天狗茸(オウゴンテングダケ)

くるカラ くるカラきのこピック
ぴかさんオリジナルの天狗茸(オリジナルテングダケ)

くるカラ くるカラきのこピック
アミガサタケ

どれも見えない部分にまで手を抜かず、
驚くほど細かく、そして頑丈にできていますよ。
ベースは鬼胡桃の殻で、ピック部分は太めの銅線です。
最初はピカピカですが、時を経て色が変わっていくので
それも楽しみの一つ。

くるカラ くるカラきのこピック制作風景

外で雨にぬれても大丈夫なように
全体にクリア塗装がかけられていますが、
塗膜は永久保証とは行かないので、
お勧めは屋内の鉢植えに挿して長く使う、です。


くるカラきのこピックを庭で、部屋で使われたら、
くるカラ.ネットまで、ぜひ写真を送って下さいね。

くるカラきのこピック販売ページ
ブログ: 心地いい暮らし
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kasuke

Author:kasuke
このブログを通してユーザーとくるカラ.ネット、そしてユーザー同士のつながりができるといいなと思っています。
くるカラ.ネットへもぜひいらして下さい。
メールは kurukara.net@gmail.com まで

最新記事